久喜の整体【女性専門】ラベンダー整骨院

ハムストリングスの肉離れ

  • HOME »
  • ハムストリングスの肉離れ

ハムストリングスの肉離れ、つらいですね。
元気に動いていたと思ったら、ある瞬間から痛みで動けなくなるというのは悔しいですよね。

でも、大丈夫ですよ。
あなたと同じハムストリングスの肉離れで困っていた方たちが当院の施術で改善されております。

ここでは、肉離れで特に多いハムストリングスの肉離れに関して書いていきます。

損傷度合いの目安や肉離れになってしまったときの対応なども書いていますので参考にしてみてください。

ハムストリングスの肉離れとは?

ハムストリングスの肉離れは、激しい運動の最中や久しぶりに運動した時、急激にハムストリングスと呼ばれる太ももの裏面の筋肉が収縮されたときに起こります。
自分の筋力に耐えきれなくなって筋組織が断裂したり傷ついたりした状態です。

大抵は、ハムストリングスだけでなく、おしりや太ももまわりや足の筋肉全体が硬くなっていて起こります。

ハムストリングスに肉離れが起きやすい人は、ハムストリングスの筋肉が太ももの前側の筋肉よりも筋肉が弱い状態のことが多いです。

ハムストリングスは、大腿二頭筋(だいたいにとうきん)、半腱様筋(はんけんようきん)、半膜様筋(はんまくようきん)という3つの筋肉から成り立ってます。

※損傷は、大腿二頭筋に起きやすいです。

骨盤の坐骨(ざこつ)という部位から脛骨(けいこつ)という膝下の骨にくっついています。
膝を曲げるとき、股関節を伸ばす動き(足を後ろに引く動作)で筋肉が働きます。

運動では走るときやジャンプやストップで重要となる筋肉です。

ハムストリングスの肉離れは、運動中に「プチッ」や「ピキッ」っという衝撃があったり、音を聞く人もいます。
走っていて突然鋭い痛みが出る場合もあります。

ハムストリングスの肉離れの重症度は、痛めたときの動作や加わった力のおおきさに 影響を受けます。

・圧痛(押したときの痛み)
・痛めた場所にへこみや硬くなった部分があるか
・ストレッチができる角度

上記の要素が痛めた直後はあります。

損傷度合の目安

特に、ストレッチがどれくらいの角度可能かどうかが重症度の目安になります。

うつぶせで、膝を完全に伸ばすことが可能か?

 ・完全に伸ばせない場合は重症です

 ・伸ばせる場合は、あおむけで足を上げるストレッチをします

上記の写真の様に誰かにゆっくり上げてもらってみるのが有効です。
(だだ持ち上げるだけです。)

 ・70度以上上がる場合:軽症

 ・70~30度くらい上がる場合:中等症

 ・30度以下しか上がらない場合:重症

※肉離れは、筋肉が切れて離れてしまっているので、ストレッチは余計にひどくなります。
なので、肉離れをした場合は、筋肉をしっかり伸ばすようなストレッチはしないでくださいね。

痛めた直後

特に、アイシングをします。

処置は、「RICE処置」といわれます。
これは、受傷後早くするほど良いです。

R:Rest(安静):痛めた部分を動かさないようにします。

I:Ice(冷却):痛めたところを冷やして血管を収縮させて腫れや炎症を最小限に抑えます。

※なるべく氷で冷やします。
ビニールに氷を入れて、中の空気を完全に抜きます。
ビニールを縛り、痛めた場所に密着させて冷やします。

これを20分します。
(※長い時間冷やすと、凍傷=やけどを起こす危険がありますのでタイマーで測りましょう)

その後50分インターバルを入れて、また冷やします。
これを可能な限り繰り返します。

(RとIだけでも大丈夫です。)

C:Compression(圧迫):痛めた部分を適度に圧迫して腫れや炎症を抑えます。

E:Elevation(挙上): 心臓よりも高い位置に痛めた部分を置いて、腫れや炎症を抑えます。

腫れや炎症をどれだけ抑えられるかで、回復の速さが変わります。

肉離れで切れている筋肉の部分は、自然とくっついて回復していきますが、放っておくと筋肉が硬くなってくっついていくので、回復した時に柔軟性が低下してしまいます。

ですので、肉離れをしてすぐはRICE処置をして、その後早めに治療を始めることがおススメです。

運動再開の目安

・圧痛(押したときの痛み)
・ストレッチしたときの痛み
・筋肉に抵抗をかけて動かしたときの痛み

これらがないことが重要です。

運動を再開するとき、段階的に少しずつ行っていきます。

痛みが再発する場合は、

・不完全に治った状態で同じ部分を再受傷する場合

・同じ部分の損傷ではなく、一度痛めた部分の近くを損傷する場合

治っても、同じような負荷やストレスが加わることによって再発を起こす場合があります。

ハムストリングスの肉離れを起こしやすいとき

・準備運動や整理運動をあまりしないで運動を始める
(筋肉が運動するための準備ができていません)

・運動の量や強度が自分の筋肉が耐えられる限度をオーバーしている場合
(筋肉がこらえられない状態です)

・疲れがたまっている状態
(筋肉が硬く柔軟性が低下しています)

・普段全然運動をしていないけど、いきなり激しく動いた・全速力をした

・身体が冷えている

・足の関節が硬い

・衝撃吸収がよくない靴で運動に打ち込んでいる

このような要素があると、ハムストリングスの肉離れをおこしやすくなります。

ハムストリングスの肉離れを、放っておくと…

・痛みで他の部分がカバーするため、他の箇所が痛くなる
・痛めた筋肉が硬くなる
・治るのが長引く
・良くなってもなんとなく痛めた部分に違和感を感じるようになる
・また痛めるのではないかと運動するのがこわくなる

肉離れは治療を始めるタイミングがその後に影響します。
短期集中で治療をして、元気に動ける状態に早くもどってほしいと思います。

病院やよくある接骨院での一般的な対処法


■整形外科:
・レントゲン撮影
・MRI検査
・電気や機械による治療
・テーピングの指導
・安静

メインの対処法は、「今の痛みを何とかする」方法です。

■整骨院:
・電気や機械による治療
・筋肉をマッサージでもみほぐす
・テーピング

メインの対処法は、「痛めた部分へのアプローチ」が多いです。

上記の治療法でも痛みが解消する方はいらっしゃいます。
しかし、改善するのに時間がかかってしまうことが多く、痛くてつらい日々を長く過ごすことがあります。
また、局所的な痛みに対しての方法なので、根本的に良くなりたい方には向いていません。

当院でハムストリングスの肉離れがよくなる理由

ラベンダー整骨院では、原因のある部分の施術に加え、あなたの身体の機能を高める施術を取り入れています。

慢性症状になっていて中々そこから抜け出せない原因は、身体の回復力・自然治癒力(自律神経の働きやからだのめぐり)が低下しているからです。

そのため、痛みがある部分、つらい場所だけをもみほぐしたり対処するだけでは、慢性的な症状は中々改善しないと考えています。

当院は、ストレスによる痛みや疲労へも対応が可能なので、身体だけでなくこころも健全へ作用させます。

あなたの本来持つ総合力を高める施術をして改善へ導きます

ラベンダー整骨院の施術方法

ハムストリングスの肉離れは、ハムストリングスに疲労がたまって柔軟性が低下している状況で起きることが多いです。

しかしハムストリングス筋肉の硬さは、その部分だけの問題ではなく、体全体の筋肉や骨格やめぐりの状態にも関係があると考えています。

その為ラベンダー整骨院では、全身の筋肉に対しストレスを取り除いて血液や気のめぐりをよくします。

筋肉はつながりがあります。

全身の筋肉や内臓の気の滞りに対してストレスを取り除いて血液や気のめぐりをよくします。

また、痛めた筋肉は、気功法によると“気”が散っていると考えられます。
筋肉が切れてしまった場所に、気を補充することで痛みを解消することも行います。

人によっては、骨盤や脚の関節の硬さが痛みの発生に大きく関係していますので、その部分の調整も大切です。総合的な回復力を高めながら、ポイントとなる関節に動きが出ることで、肉離れの痛みが改善していきます。

少しずつの運動の再開

再発予防のために、動き方のくせがある場合は身体の使い方をお伝えしたり、ストレッチや筋トレなどのセルフケアをお伝えしたり、重心の調整をする場合があります。

運動を休んで身体を使わない場合、今まで運動するために使っていた筋力・動くことで強化されていた筋力も弱くなります。

そのため、再開するときには、動く速さも力強さも量も少しずつ始めることが必要です。

そして、使っていなかった筋肉が十分使える状態にするストレッチや筋力トレーニングも大切になってきます。

特に、ハムストリングスの筋力と柔軟性の強化は、再発しないためにも大切です。

また、ウォーミングアップとして、筋肉が十分に温まっていて柔軟性と弾力性が動くことに対応できる状態になっている必要があります。

「これから動くよ」と体が準備できている状態にするために長い時間のストレッチ(静的ストレッチ)をするよりは、筋肉を動かす動的ストレッチをしてください。

終わった後は静的ストレッチです。
1か所につき最低30秒は伸ばします。

炎症が起きている場所にはアイシングもすると効果的です。
アイシングのアイスの作り方やストレッチの仕方も必要があればお伝えします。

根気よく回復をみていきましょう。


当院が選ばれる5つの特徴

1. 根本原因にアプローチするので早い回復が見込めます

痛い所や不調は結果です。必ずしも症状のある部分が原因とは限りません。

当院の独自の検査で根本原因を把握して、カラダに負担の少ない治療で早期回復へと導きます。

2. ストレス対応の手技をしています

当院の整体は、神経伝達や血液のめぐりをよくして総合的な体の機能を回復させる施術です。
体だけでなく精神的なデトックス作用があります。

体に対しての施術はいろんなところにあるけど、ストレスに対して施術をできるところは久喜市では当院だけです。

3. からだ全部の関節の調整を行うことが可能です
当院の整体(骨格の調整)では、細かい指や手の関節もひとつひとつ調整することが可能です。

部分的に負担が大きくかかっていて中々取れなかった症状にも効果的です。

 
 
4. 「オーダーメイド」のセルフケアをお伝えします
来院時のお身体の状態をわかりやすく説明し、変化の過程をお伝えします。
 
「なかなかよくならない」理由のひとつに、ご自身で身体への負担を増やしている身体の使い方をしている場合があります。
 
あなたの日常の様子や環境、お仕事の状態を細かく伺い
・どのようにしたらより お身体の負担が少なくなるか
・どのように日々ケアをしてあげると 回復力を高められるか
・あなたに必要な工夫の仕方 など
 
そのときそのときのお身体の状態に合わせてあなた専用の情報をお伝えします。
5. おひとりの為の時間や空間を大切にします

当院は、完全予約制です。
おひとりおひとりを対応する為の体制を整えております。

また、アロマの香りや心地良い音楽の中でリラックスして施術を受けていただける空間を大切にしています。

追伸

ハムストリングスの肉離れで困っているあなたへ

ハムストリングスの肉離れは突然やってきます。
動きたいのに動けないし、痛みを常に感じることは気持ちも落ち込んでしまいますね。

その状態から早く改善してほしい!そう思って施術をしています。

他のところへ行っても中々よくならなかったり、根本から良くしたいと思っている方は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

ハムストリングスの肉離れは、適切な治療をすれば早く回復していきます。
あなたの体は治る力があります。

短期集中で早く治療をして、早く元気に動けるようになってくださいね。
あなたが好きなことやしたいことを思い切り楽しめますように。

あなたが肉離れのつらさから解放されて、笑顔で元気に過ごせるようにお手伝いさせていただきます。

※完全予約制
※交通事故、労災対応

※当院は整骨院ですが、健康保険の取り扱いはおこなっていません。
予めご了承ください。

保険診療は局所に対する施術が基本であり、できることに限りがあり、おひとりおひとりに十分な施術を提供できないためです。
お身体全体をみながら、おひとりおひとりじっくり対応させていただきます。
再び同じ痛みや不快な症状に苦しまず、元気に過ごしていけることを目指します。

**********

【アクセス】

住所:久喜市吉羽2-15-44

(拡大図)
最寄駅:久喜駅(JR/東武線)東口から  徒歩15~20分

バス:
青葉団地東経由 朝日バス車庫行
青毛先回り・青葉団地東先回り 青葉団地循環
朝日バス車庫・弁天橋循環

「野久喜」で降ります(駅から5~10分程)
野久喜から徒歩2~3分

TEL 0480-21-7108 10:00 - 19:00(最終受付19時)

PAGETOP
Copyright © ラベンダー整骨院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.