久喜の整体【女性専門】ラベンダー整骨院

プロフィール

  • HOME »
  • プロフィール

縄田 真美(なわた まみ)

柔道整復師 国家資格者

整骨院・整形外科3店舗7年経験を積み、技術習得し独立。
施術のべ人数36000人以上の治療実績を持つ。

現在、特殊な技能(豊田式イネイト活性療法)で脳と神経と体をつなぐスキルにより、痛みの改善・完治に貢献。

<プロフィール>

生年月日 1980年9月30日
血液型 O型
身長 170cmくらい
体重 53kgくらい
兄弟 兄と妹がいる3人兄弟の真ん中

 

<学び>

・柔道整復師(国家資格)
 呉竹鍼灸柔整専門学校卒業

・パーフェクト整体 ヘルメス塾
ベーシックコース(全身骨格調整)初回・2回受講終了

・日本メディカルアロマテラピー協会 アドバイザー

・吸玉療法の基礎と臨床修了

・静林気功

<その他学び>

過去の栄光:現在の実力はわかりません‥)

・TOEIC公開テスト スコア810
3年ほどアメリカのサンディエゴにいた頃があります

・マイクロソフトオフィススペシャリストAccess取得
以前はデスクワークでパソコン使っていました

**********

ここからは、インタビュー形式でお伝えします(^-^)

Q、どんな想いで施術にあたっていますか?

笑顔になってほしい!
が第一です。

元気になって、好きなことやしたいことを楽しんで、その人自身の力を発揮して輝いてほしいです。

みなさん最初は、痛みがあったりつらい状態なのでお顔もつらそうで元気があまりありません。

施術後のお顔がぱっと明るく笑顔になったり、施術を重ねていってどんどん明るくなっていく様子がとてもうれしいです。

特に、終わって楽になると、その方の“お顔がほころんで輝きを増す瞬間”が大好きです!

それから、身体がどんどん楽になって、気持ちも明るくなって、メイクやオシャレもして
「何か変わってきたね!楽しくなってきたね!」といった感じになってきたら、こちらもワクワクをもらえちゃうのがうれしいです。

他には、ご報告として、今まで痛くなるのが心配で行くのを控えていたけど、山に行けました!とか
最近疲れにくくなって前より早起きできるようになった!とか

「どこどこへ行ってきたよ」「こんなことできたよ」「こんなふうになったよ」と聞くと最高にうれしいです。

Q、施術家になったきかっけを教えてください

校生のとき、バスケットで膝を痛めたこと。
社会人でデスクワークをして、坐骨神経痛でつらかったこと。

この自分自身の経験があったことも含めて、自分自身と家族や大切な人たちを元気にしたいと思ったことが一番のきっかけです。

自分自身、小学生のときは野球、中学校・高校・大学の途中までバスケットボールと運動大好きで運動ばかりしていました。

高校では最高県大会ベスト4。
早く走れるようになること、高く飛べるようになること、体力をつけること、バスケットが上手くなること。
それだけを考えて動いてばかりいました。

そうしたら高校2年生の頃から右膝に痛みを感じ始めて、右膝を曲げるたびに痛くなりました。

右膝をかばってプレーしていたら左膝まで痛くなり、いろんな整骨院や整形外科に行ったり、ときには練習を休みケガと付き合いながらプレーすることになってしまいました。
完全にオーバーワーク、使いすぎでした。

そのころの自分はケアの仕方や正しい身体の使い方などまったく知らずに、強くなるにはトレーニングしかないと、自分で身体を痛めていました。

(←大学時代の写真:毎日膝にテーピング)

大学へ進学してもバスケットをするために行くようなものでしたが、2年の途中で日常生活でも膝の痛みが影響をし始め大学を休学しました。
そして競技としてするバスケットボールをやめました。

そのころ父親がいたアメリカへ留学させてもらって、英語やコンピュータ関連の勉強をさせてもらったことはとても感謝です。

帰国後はパソコンと向き合うデスクワークをしていました。

しかし、毎日座って5分もすると左脚が痛く重くなる…。
坐骨神経痛や腰痛に悩まされる日常。
目も疲れるし肩もこる。眠い。

そんな中、身体についてもっと学びたい、身体をケアする仕事につきたいと思い、柔道整復師の専門学校(呉竹鍼灸柔整専門学校)に入学しました。
そして国家試験に合格し無事に柔道整復師となりました。

今なら高校生の頃の自分にこうした方が良いとか、こういうことが必要というのは言えるのですが、その頃は何をしたら良いかやケアの大切さをわかっていませんでした。

そして十分に良くなっていないまま運動を再開してまた痛みが出る。
そんなことを繰り返してモヤモヤな時期を過ごしていました。

それでも、ある治療院へ通い施術をしてもらったら、膝の痛みがなくなった経験がありました。

膝の心配なく、軽やかに走れたりジャンプができること、またバスケットボールが思い切りできることはうれしくて楽しいことでした。

当院へいらした方へ、治ること、また元気に動けることを体験してほしいです。

Q、経歴を教えてもらえますか?

●バスケットボールで膝を痛めたあと
アメリカへ留学して、コンピュータ関連の勉強をしました。

●その後
日本に帰ってきて英語&パソコンを生かす仕事をしていました。

坐骨神経痛に悩まされている中、柔道整復師の資格を取るための専門学校へ行くことを決めました。

●専門学校
学校は3年間(夜間)。

学校の2年目中盤までは、派遣で働きながら午後6時から授業に毎日出るという生活で、2年目中盤以降は整骨院で働きはじめました。

●整骨院 その1
最初の整骨院はマッサージをメインにしていましたが、テーピングやスポーツ関連のセミナーに参加して運動する方の対応もしていました。

3年間勤務の後、整形外科へ。

●整形外科
ここではドクターの下、必要な処置やリハビリなどを学びました。

また、スポーツトレーナーとしてある高校のバスケットボール部のサポートもしていました。

●整骨院 その2
その後整骨院に1年半勤務。

この頃、最初に勤めた整骨院で受けたカッピングを思い出し、カッピングの基礎から臨床まで学べるセミナーに1年間参加。
現在のカッピング施術スタイルの基本を学びました。

このころまで、自分自身の施術は筋肉に対するアプローチだけでした。

治療技術を上げるためには、骨格調整(関節にアプローチ)の必要性を感じて、開業の前に「パーフェクト整体」を学びました。

●開業後
パーフェクト整体は、3年間学び続けて今も勉強会に参加しています。

その後、気功との出会い。
初めて受けたときの衝撃はすごかったです。
体も心もウキウキするくらい(笑)

迷わず気功の伝授を受けました。

そして現在メインとする治療法(豊田式イネイト活性療法)の獲得をその後しました。


体に安全で効果が高く、治療の神髄がこの治療法にはあると個人的には思っています。
この治療法を知れたことを感謝しています。

今までいろいろなことを学んできましたが、全てが生かせる治療法です。

おひとりおひとりのお話や状態を詳しく伺いあなたの健康をサポートします。

Q、子どもの頃はどんな子でしたか?

外でよく遊ぶ子でした。
兄とは野球をしたり、妹とはおにごっこなど。

とにかく外で走り回っていた記憶があります。

Q、今後どんな施術家になっていきたいですか?

この人に会いたい・この人と話したいと思ってもらえるような治療家。

あとは困ったときに頼ってもらえたり、何もなくてもメンテナンスでお顔を見せに来てくれるような。

信頼や安心してもらえる&パワーをあげられる人間になりたいです。

Q、最後にラベンダー整骨院にこれから行ってみようかな?と考えている方に向けて一言お願いします。

ラベンダー整骨院では、安心と信頼を大切にしています。
おひとりおひとり丁寧に対応することを心がけています。

よくなる希望を持ってもらって、「心に余裕ができて自分や大切な人たちを大切にできる軽やかな体」で元気に過ごせること。
おひとりおひとりが自分らしい人生を楽しんでいくサポートをさせていただきます。

ぜひ、あなたの困っていることやお悩み、やりたいことやこうなりたいということ、なんでもお気軽にお話してくださいね。

あなたのお力になります。
一緒に症状を解決していきましょう。

 

私があなたのお力になりたい理由

●運動を頑張っている方を応援したい

以前自分が怪我をして、思い切りプレーできなかったことがあります。
好きなバスケットボールを楽しんでできなくなってしまったのです。

でも、膝がよくなってまた思い切り動けるようになったときの喜びも知っています。どちらも経験しています。

当院へいらした方には、治って思い切り動ける経験までしていただきます。

ご自身でもケガに対する適切な心構えやケアなどを覚えていただき、好きなことを思い切り楽しんでほしいです。

●そのつらさや痛みをなんとかしたい…

整形外科のリハビリの基本は、病院によって多少違いはあると思いますが電気治療や牽引など機械によるものが多かったです。

私は整形外科に勤めたことがありますが、腰の牽引を10分するのに、ときに1時間待ち、良くなっているかどうかわからないけど毎日来られる方もいらっしゃいました。

他の方も、もう少し手をかけたり違うことができれば、もう少し改善できることもあるかもしれないのに…と思いながら、「中々よくならなくてね」「痛くて痛くてね」というお声や、辛そうな表情に、何もできない自分が心苦しいときもありました。

レントゲンやMRIの検査などは問題なく、それでもずっと痛みが続いている方。
湿布と痛み止めの薬のみ、あとは何もなし。
老化現象だからと言われた。
そんな話も他のところで聞いたことはあります。

整形外科へ行く重要性はあります。

ドクター選びは大切ですが、私も自分が勤めた病院のドクターはとても信頼しています。

原因や状態を把握することは大切ですし、患者さんの状態によっては注射が必要だったりもあるのです。

ただ、整形外科は大変混んでいて、一定以上のことをおひとりおひとりに行うには
難しい環境にあると感じます。

身体はいつでも良くなろうとする力があります。

だから、整形外科でどうにも変わらずつらい思いをしている方へなんとかお力になりたいという気持ちがあります。

●やりたいことや好きなことを楽しんでほしい

痛みやつらい症状があって、好きなことをやめてしまった方もいらっしゃいます。

好きなことを楽しむことや、やりたいことを思い切りできることは、その人自身を輝かせる要素になります。

だから、やりたいことや好きなことをあきらめてほしくありません。
私も、そしてあなたの周りの人達もきっと、あなたの笑顔が見たいです。

 

 



 

 

※完全予約制
※交通事故、労災対応


※当院は整骨院ですが、健康保険の取り扱いはおこなっていません。

予めご了承ください。

保険診療は局所に対する施術が基本であり、できることに限りがあります。
当院はお体全体から原因を探り、その方に必要な治療をします。
再び同じ痛みや不快な症状に苦しまず、元気に過ごしていけることを目指します。

**********

<アクセス>

住所:久喜市吉羽2-15-44

(拡大図)
最寄駅:久喜駅(JR/東武線)東口から  徒歩15~20分

バス:
青葉団地東経由 朝日バス車庫行
青毛先回り・青葉団地東先回り 青葉団地循環
朝日バス車庫・弁天橋循環

「野久喜」で降ります(駅から5~10分程)
野久喜から徒歩2~3分

 

TEL 0480-21-7108 10:00 - 19:00(最終受付19時)

PAGETOP
Copyright © ラベンダー整骨院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.