ランナー膝

なぜどこへ行っても治らなかったランナー膝が当院の施術で改善するのか?

なぜどこへ行っても治らなかったランナー膝が当院の施術で改善するのか?

  • 走り始めは良いけど、途中から痛みが出てくる
  • 走りたいのに痛みがあって全然走れない
  • 病院や整骨院へ行っているけど、症状が良くなる感じがしない
  • 筋トレやストレッチを自分でもしているけど、どうしたら良くなるかわからない
  • 日常でも痛みを感じるようになって気持ちが落ち込んでしまう

ランナー膝(ひざ)。走りたいのに思うように走れないってつらいですね。

でも、大丈夫です。当院はランナー膝を解決へ導きます。ラベンダー整骨院で元気なあなたを取り戻しましょう。

そもそも「ランナー膝」とは?

腸脛靱帯炎(ちょうけいじんたいえん)とも言います。

様々なスポーツ種目で発生する場合がありますが、特に長距離ランナーに多く、ランニング障害のひとつと考えられています。

腸脛靭帯(ちょうけいじんたい)という、骨盤の外側でっぱりから膝の下の骨(脛骨=けいこつ)というすねの部分に付く長い靭帯が、膝の曲げ伸ばしの繰り返しで炎症を起こします。

原因はオーバーユース(過使用)です。

腸脛靭帯は、大腿筋膜腸筋(だいたいきんまくちょうきん)という筋肉から続いています。また、大殿筋(だいでんきんが)や中殿筋(ちゅうでんきん)といったおしりの筋肉ともつながっています。

そのため、おしりの筋肉やももの筋肉が硬く緊張している状態のとき、必要以上に腸脛靭帯がピンと張った状態になるため過剰に負担がかかります。

そして、膝の曲げ伸ばしをするときに、膝の上の骨(大腿骨=だいたいこつ)の外側と腸脛靭帯が摩擦を繰り返し、炎症を起こして外側の膝痛を感じるようになります。

<段階>

・運動した後に痛みがある。

・運動の最中と後に痛みがある。

・日常生活でも痛みがあり運動するのに支障がある。

また、オーバーユースだけでなく、足首や膝の形態や、走り方のくせやフォーム、痛みをカバーし続けていたことによる重心のずれ、練習の環境も痛みの出現に関係します。

痛みは急に出てきたように感じるかもしれませんが、様々な要素が重なって、その習慣の中で痛みへ進行しているので慢性的な症状になることが多くあります。

ランナー膝を起こしやすいとき

例えば

・準備運動をあまりしないで運動を始める
(筋肉が運動するための準備ができていません)

・整理体操(クールダウン)をあまりしない
(疲れがたまりやすく、回復が遅くなります)

・走る距離や速さが自分の筋肉が耐えられる限度をオーバーしている場合
(筋肉がこらえられない状態です)

・疲れがたまっている状態で連日練習している
(筋肉が硬く柔軟性が低下しています)

・O脚が強いなど、脚のアライメントに問題がある場合

・ランニングフォームがよくない場合

・衝撃吸収がよくない靴や外側がすり減った靴を使用している

・地面の状態がよくない(傾斜のある場所では低い方の脚の靭帯が緊張するため)

これらの要素がいくつか重なった場合は特に、腸脛靭帯の緊張が強くなり骨との摩擦を生じやすくなるため痛みが起こりやすいです。

ランナー膝を、放っておくと…

・膝の痛みが増してくる
・痛みをかばうため、走るフォームがわるくなり他の部分を痛めることがある
・痛みが必ず出てくるようになり走れなくなる
・休む必要があり出たい大会に出れない
・痛みで積極的に動かなくなるので、体重が増加する
・階段の上り下りや膝の曲げ伸ばしで日常生活でも痛みを感じるようになる

痛みがあるというのは、それだけで防衛しようと身体が守りに入ります。

痛みを出さないように、動作のときに必要以上に筋肉の緊張が増してしまったり、動けないことがストレスや気持ちの落ち込みを作ってしまうことにもなります。

ランナー膝は違和感を感じ始めたときや痛みの少ないうちに、早めに治療をしてあげることが早い回復につながります。
痛みの不安を抱えて走ることもできずに長く過ごすことはとてもつらいです。

治療を徹底して少しずつ走る量や速度をアップして、もとの元気に走れる状態に戻ってほしいと思います。

病院やよくある接骨院での一般的な対処法

■整形外科:
・レントゲン撮影
・安静
・電気や機械による治療
・ストレッチ・筋トレの指導
・膝のサポーター

メインの対処法は、「今の痛みを何とかする」方法です。

※ランナー膝とわかっていない場合は、膝の痛みとしては半月板の状態の判別が必要です。
あまりに痛みが強い場合や長引く場合は一度整形外科でみていただくと不安要素も少なくなり、治療方法が更に絞れます。

ご自身の安心要素を増やすために、整形外科を受診することはおすすめします。
ただし、治療に関しては整形外科では一遍通りになっている場合が多いので早く良くなりたい方へはおすすめしません。

■整骨院:
・アイシング
・電気や機械による治療
・関連筋肉をマッサージでもみほぐす
・テーピング
・ストレッチ
・筋トレ

メインの対処法は、「関連の筋肉と痛みをなくすためのアプローチ」が多いです。

上記の治療法でも痛みが解消する方はいらっしゃいます。しかし、改善するのに時間がかかってしまうことが多く、痛くてつらい日々を長く過ごすことがあります。
また、局所的な痛みに対しての方法なので、根本的に良くなりたい方には向いていません。

当院の施術で良くなる理由

痛み(結果)の原因(もと)へのアプローチ方法

  1. 痛みの原因部位を検査で把握する
  2. 脳と全身をつなぐ神経の伝達を整える (血液循環改善、細胞活性化)
  3. 痛みの消失、症状改善(自然治癒力が働く環境)

痛みや症状の出ている部分ではなく、ランナー膝になった原因を治療することで痛みや症状は改善していきます。

痛みなく走れるようになるために

痛みがなくなったと思ってある程度走れるようになったと思っても、5キロくらい走ると痛みが出てくる場合があります。

それを繰り返して中々思うように走れなくて、大会に出れないことが続いてしまうことも…。

休んでくださいと言われても、数か月も半年も走ることをやめることは中々つらいですよね。早く走りたい焦りや本当に良くなって再び痛みなく走れるのか不安な気持ちも出てくると思います。

走るのを休んで身体を使わない場合、今まで走るために使っていた筋力・走ることで強化されていた筋力も弱くなります。

そのため、再開するときには、走る速さも力強さも距離も少しずつ始めることが必要です。(歩くから始めるくらいの感覚です)

そして、使っていなかった筋肉が十分使える状態にするストレッチや筋力トレーニングも大切になってきます。

また、ウォーミングアップとして、筋肉が十分に温まっていて柔軟性と弾力性が走ることに対応できる状態になっている必要があります。

「これから走るよ」と体が準備できている状態にするために長い時間のストレッチ(静的ストレッチ)をするよりは、筋肉を動かす動的ストレッチをしてください。

終わった後は静的ストレッチです。1か所につき最低30秒は伸ばします。炎症が起きている場所にはアイシングもすると効果的です。

アイシングのアイスの作り方やストレッチの仕方も必要があればお伝えします。根気よく回復をみていきましょう。

当院が選ばれる5つの特徴

1. 根本原因にアプローチするので早い回復が見込める

痛い所や不調は結果です。症状の本当の原因は患部と別の場所にあることが多々あります。
検査で検出した本当の原因を治療して早期回復へと導きます。

2. 完治を目指せる

根本の原因にアプローチすることは、症状が戻りにくく施術の効果を高めます。
原因がなくなれば、症状はなくなります。

3. 身体に負担をかけない施術

強い刺激や力は身体の負担となり回復を遅らせることがあります。
少ない刺激で的確なアプローチをすることで治癒力が発揮されます。

4. 「オーダーメイド」のセルフケアをお伝え

症状改善のサポートとなる日々のケアや工夫など、あなたの環境や状態に合った情報をお伝えします。

5. 継続的な学びや研究

毎月セミナーや勉強会に参加して学びを深め、より効果的な治療のため研究を重ねています。

プロの先生からも推薦をいただいております

どこへ行っても治らない痛みの方に推薦します。

神奈川県 ととろの森鍼灸治療室
https://www.totoromorimori.com/

院長 小林規智子先生

縄田先生は痛みの根本的な原因をみつけて治療されますので、どこへ行っても治らない痛みを治すことができるプロです。

私が縄田先生とお会いしたのは、治療院の勉強会ですが、勉強熱心でありながら温かく包み込む優しさを兼ね備えた先生だなあという印象でした。治療を受けると思わず「上手い」と声を出してしまうほどです。

いろいろな整体やマッサージや病院などに通ったけど改善しないで困っていたり諦めかけているのであれば、ぜひ縄田先生の施術を推薦致します。必ず解決に導いてくれると確信しております。

 

※当院は整骨院ですが、健康保険の取り扱いはおこなっていません。
予めご了承ください。
保険診療は局所に対する施術が基本であり、できることに限りがあります。当院の施術はお体全体から原因を探り、その方に必要な治療をします。
※交通事故、労災対応
  • このエントリーをはてなブックマークに追加