坐骨神経痛

なぜどこへ行っても治らなかった坐骨神経痛が当院の施術で改善するのか?

なぜどこへ行っても治らなかった坐骨神経痛が当院の施術で改善するのか?

  • おしりや太ももに痛みやしびれがある…
  • 腰から足にかけて痛みやしびれがある…
  • ふくらはぎの辺りにしびれやだるさを感じる…
  • 最初は腰が痛かったが、足先までしびれる感覚がある…
  • 病院へ行って薬を処方されただけでどうしたら良くなるかわからない…

そもそも坐骨神経痛とは?

坐骨神経は、腰からお尻、太ももの後ろ側を通って枝分かれをして足先まで続いています。

この坐骨神経が通る範囲に痛みやしびれや重さ・だるさなどの症状が出ることを坐骨神経痛と言います。特にお尻や太ももの後ろ側に痛みやしびれが出ることが多いです。

<一般的に言われている原因>

・椎間板ヘルニア
腰の神経(坐骨神経の関連部分)が圧迫されることで症状が出ます。

・脊柱管狭窄症
脊柱管といって、背骨の中の脊髄が通る部分が狭くなって神経を圧迫することで症状が出ます。

・梨状筋症候群
坐骨神経の通り道に「梨状筋(りじょうきん)」という筋肉があります。その神経が坐骨神経を圧迫することで症状がでます。

一般的には、腰痛が慢性化をして坐骨神経が刺激されることによって出現する神経痛です。

人によって、左右どちらか一方の脚だけに症状が出たり、両方に症状が出る方もいます。症状が出る部分や場所も人により異なります。

場合によっては歩くことにも支障が出てくるので、早めに改善させることが大切です。一人で悩まずに、当院までお気軽にご相談ください。

病院やよくある接骨院での一般的な対処法

■整形外科:

・レントゲン撮影
・MRI撮影
・ブロック注射
・薬の内服
・リハビリ
・牽引療法
・手術による外科的な治療

■整骨院:

・マッサージ腰~脚をほぐして血流をよくする
・温熱療法
・ストレッチや運動療法

これらの治療でもある程度改善することはありますが、再発する場合も多々あります。

確実に改善をするためには、他にも根本的な原因を治療していく必要があります。

当院で「坐骨神経痛」が良くなる理由

当院の施術で良くなる理由

痛み(結果)の原因(もと)へのアプローチ方法

  1. 痛みの原因部位を検査で把握する
  2. 脳と全身をつなぐ神経の伝達を整える (血液循環改善、細胞活性化)
  3. 痛みの消失、症状改善(自然治癒力が働く環境)

痛みやしびれのあらわれた部分ではなく、坐骨神経痛の症状を出している原因を治療することで痛みやしびれは改善していきます。

原因は人それぞれ異なり、あなたの原因要素を検出して治療をするので他の治療で良くならなかった坐骨神経痛が改善します。

当院が選ばれる5つの特徴

当院が選ばれる5つの特徴

1. 根本原因にアプローチするので早い回復が見込める

痛い所や不調は結果です。症状の本当の原因は患部と別の場所にあることが多々あります。
検査で検出した本当の原因を治療して早期回復へと導きます。

2. 完治を目指せる

根本の原因にアプローチすることは、症状が戻りにくく施術の効果を高めます。
原因がなくなれば、症状はなくなります。

3. 身体に負担をかけない施術

強い刺激や力は身体の負担となり回復を遅らせることがあります。
少ない刺激で的確なアプローチをすることで治癒力が発揮されます。

4. 「オーダーメイド」のセルフケアをお伝え

症状改善のサポートとなる日々のケアや工夫など、あなたの環境や状態に合った情報をお伝えします。

5. 継続的な学びや研究

毎月セミナーや勉強会に参加して学びを深め、より効果的な治療のため研究を重ねています。

プロの先生からも推薦をいただいております

どこへ行っても治らない痛みの方に推薦します。

神奈川県 ととろの森鍼灸治療室
https://www.totoromorimori.com/

院長 小林規智子先生

縄田先生は痛みの根本的な原因をみつけて治療されますので、どこへ行っても治らない痛みを治すことができるプロです。

私が縄田先生とお会いしたのは、治療院の勉強会ですが、勉強熱心でありながら温かく包み込む優しさを兼ね備えた先生だなあという印象でした。治療を受けると思わず「上手い」と声を出してしまうほどです。

いろいろな整体やマッサージや病院などに通ったけど改善しないで困っていたり諦めかけているのであれば、ぜひ縄田先生の施術を推薦致します。必ず解決に導いてくれると確信しております。

 

※当院は整骨院ですが、健康保険の取り扱いはおこなっていません。
予めご了承ください。
保険診療は局所に対する施術が基本であり、できることに限りがあります。当院の施術はお体全体から原因を探り、その方に必要な治療をします。
※交通事故、労災対応
  • このエントリーをはてなブックマークに追加