久喜の整体【女性専門】ラベンダー整骨院

ランナー膝(腸脛靱帯炎)

  • HOME »
  • ランナー膝(腸脛靱帯炎)

ランナー膝(ひざ)。走りたいのに走れないってつらいですね。
したいことができないこともストレスですが、いつ痛みがなくなるのか・完全に良くなるのか不安になることもあると思います。

でも、大丈夫ですよ。
あなたと同じランナー膝で困っていた方たちが当院の施術で改善されております。

ランナー膝とは?

腸脛靱帯炎(ちょうけいじんたいえん)とも言います。

様々なスポーツ種目で発生する場合がありますが、特に長距離ランナーに多く、ランニング障害のひとつと考えられています。

腸脛靭帯(ちょうけいじんたい)という、骨盤の外側でっぱりから膝の下の骨(脛骨=けいこつ)というすねの部分に付く長い靭帯が、膝の曲げ伸ばしの繰り返しで炎症を起こします。

原因はオーバーユース(過使用)です。

腸脛靭帯は、大腿筋膜腸筋(だいたいきんまくちょうきん)という筋肉から続いています。
また、大殿筋(だいでんきんが)や中殿筋(ちゅうでんきん)といったおしりの筋肉ともつながっています。

そのため、おしりの筋肉やももの筋肉が硬く緊張している
状態のとき、必要以上に腸脛靭帯がピンと張った状態になるため過剰に負担がかかります。

そして、膝の曲げ伸ばしをするときに、膝の上の骨(大腿骨=だいたいこつ)の外側と腸脛靭帯が摩擦を繰り返し、炎症を起こして外側の膝痛を感じるようになります。

<段階>

・運動した後に痛みがある。

・運動の最中と後に痛みがある。

・日常生活でも痛みがあり運動するのに支障がある。

また、オーバーユースだけでなく、足首や膝の形態や、走り方のくせやフォーム、痛みをカバーし続けていたことによる重心のずれ、練習の環境も痛みの出現に関係します。

痛みは急に出てきたように感じるかもしれませんが、様々な要素が重なって、その習慣の中で痛みへ進行しているので慢性的な症状になることが多くあります。

ランナー膝を起こしやすいとき

例えば

・準備運動をあまりしないで運動を始める
(筋肉が運動するための準備ができていません)

・整理体操(クールダウン)をあまりしない
(疲れがたまりやすく、回復が遅くなります)

・走る距離や速さが自分の筋肉が耐えられる限度をオーバーしている場合
(筋肉がこらえられない状態です)

・疲れがたまっている状態で連日練習している
(筋肉が硬く柔軟性が低下しています)

・O脚が強いなど、脚のアライメントに問題がある場合

・ランニングフォームがよくない場合

・衝撃吸収がよくない靴や外側がすり減った靴を使用している

・地面の状態がよくない(傾斜のある場所では低い方の脚の靭帯が緊張するため)

これらの要素がいくつか重なった場合は特に、腸脛靭帯の緊張が強くなり骨との摩擦を生じやすくなるため痛みが起こりやすいです

ランナー膝を、放っておくと…

・膝の痛みが増してくる
・痛みをかばうため、走るフォームがわるくなり他の部分を痛めることがある
・痛みが必ず出てくるようになり走れなくなる
・休む必要があり出たい大会に出れない
・痛みで積極的に動かなくなるので、体重が増加する
・階段の上り下りや膝の曲げ伸ばしで日常生活でも痛みを感じるようになる

痛みがあるというのは、それだけで防衛しようと身体が守りに入ります。

痛みを出さないように、動作のときに必要以上に筋肉の緊張が増してしまったり、動けないことがストレスや気持ちの落ち込みを作ってしまうことにもなります。

ランナー膝は違和感を感じ始めたときや痛みの少ないうちに、早めに治療をしてあげることが早い回復につながります。
痛みの不安を抱えて走ることもできずに長く過ごすことはとてもつらいです。

治療を徹底して少しずつ走る量や速度をアップして、もとの元気に走れる状態に戻ってほしいと思います。

病院やよくある接骨院での一般的な対処法


■整形外科:
・レントゲン撮影
・安静
・電気や機械による治療
・ストレッチ・筋トレの指導
・膝のサポーター

メインの対処法は、「今の痛みを何とかする」方法です。

※ランナー膝とわかっていない場合は、膝の痛みとしては半月板の状態の判別が必要です。
あまりに痛みが強い場合や長引く場合は一度整形外科でみていただくと不安要素も少なくなり、治療方法が更に絞れます。

ご自身の安心要素を増やすために、整形外科を受診することはおすすめします。
ただし、治療に関しては整形外科では一遍通りになっている場合が多いので早く良くなりたい方へはおすすめしません。

■整骨院:
・アイシング
・電気や機械による治療
・関連筋肉をマッサージでもみほぐす
・テーピング
・ストレッチ
・筋トレ

メインの対処法は、「関連の筋肉と痛みをなくすためのアプローチ」が多いです。

上記の治療法でも痛みが解消する方はいらっしゃいます。
しかし、改善するのに時間がかかってしまうことが多く、痛くてつらい日々を長く過ごすことがあります。
また、局所的な痛みに対しての方法なので、根本的に良くなりたい方には向いていません。

当院でランナー膝がよくなる理由

ラベンダー整骨院では、原因のある部分の施術に加え、あなたの身体の機能を高める施術を取り入れています。

慢性症状になっていて中々そこから抜け出せない原因は、身体の回復力・自然治癒力(自律神経の働きやからだのめぐり)が低下しているからです。

そのため、痛みがある部分、つらい場所だけをもみほぐしたり対処するだけでは、慢性的な症状は中々改善しないと考えています。

当院は、ストレスによる痛みや疲労へも対応が可能なので、身体だけでなくこころも健全へ作用させます。

あなたの本来持つ総合力を高める施術をして改善へ導きます。

ラベンダー整骨院の施術方法

痛みの主な原因となる筋肉は大腿筋膜張筋・大殿筋~腸脛靭帯ですが、痛みに負担がかかる理由は他の筋肉や骨格や身体の状態にも関係があります。

その為、ラベンダー整骨院では、全身の筋肉に対しストレスを取り除いて血液や気のめぐりをよくします。

特に、おしりまわりやもも周りや脚の筋肉にストレスが溜まってガチガチに硬く緊張している場合が多いので、その部分は入念に流します。

また、微細な断裂が起きている場所は、気功法によると“気”が散っていると考えられます。
気を補充することで痛みを改善することも場合によって行います。

それでも痛みが出ている場合は、骨盤や背骨、股関節や、膝の関節、膝の下の骨の関節、足首や足部分など、細かい部分も見ていきます。

もともとこの辺りの骨格の状態がゆがんでいたり、動きが硬い場合は痛みの発生に大きく関係してきますので、その部分の調整は大切です。

総合的な回復力を高めながら、ポイントとなる関節に動きが出ることで筋肉にも血液がめぐり、ランナー膝の痛みが取れいきます。

そして再発予防のために、動き方のくせがある場合は身体の使い方をお伝えしたり、ストレッチや筋トレなどのセルフケアをお伝えしたり、重心の調整をする場合があります。

ウォームアップやクールダウンもとても重要な要素となりますので、その部分の確認もとても大切です。

痛みなく走れるようになるために

痛みがなくなったと思ってある程度走れるようになったと思っても、5キロくらい走ると痛みが出てくる場合があります。

それを繰り返して中々思うように走れなくて、大会に出れないことが続いてしまうことも…。

休んでくださいと言われても、数か月も半年も走ることをやめることは中々つらいですよね。
早く走りたい焦りや本当に良くなって再び痛みなく走れるのか不安な気持ちも出てくると思います。

走るのを休んで身体を使わない場合、今まで走るために使っていた筋力・走ることで強化されていた筋力も弱くなります。

そのため、再開するときには、走る速さも力強さも距離も少しずつ始めることが必要です。(歩くから始めるくらいの感覚です)

そして、使っていなかった筋肉が十分使える状態にするストレッチや筋力トレーニングも大切になってきます。

また、ウォーミングアップとして、筋肉が十分に温まっていて柔軟性と弾力性が走ることに対応できる状態になっている必要があります。
「これから走るよ」と体が準備できている状態にするために長い時間のストレッチ(静的ストレッチ)をするよりは、筋肉を動かす動的ストレッチをしてください。

終わった後は静的ストレッチです。
1か所につき最低30秒は伸ばします。
炎症が起きている場所にはアイシングもすると効果的です。

アイシングのアイスの作り方やストレッチの仕方も必要があればお伝えします。

根気よく回復をみていきましょう。


当院が選ばれる5つの特徴

1. 根本原因にアプローチするので早い回復が見込めます

痛い所や不調は結果です。必ずしも症状のある部分が原因とは限りません。

当院の独自の検査で根本原因を把握して、カラダに負担の少ない治療で早期回復へと導きます。

2. ストレス対応の手技をしています

当院の整体は、神経伝達や血液のめぐりをよくして総合的な体の機能を回復させる施術です。
体だけでなく精神的なデトックス作用があります。

体に対しての施術はいろんなところにあるけど、ストレスに対して施術をできるところは久喜市では当院だけです。

3. からだ全部の関節の調整を行うことが可能です
当院の整体(骨格の調整)では、細かい指や手の関節もひとつひとつ調整することが可能です。

部分的に負担が大きくかかっていて中々取れなかった症状にも効果的です。

 
 
4. 「オーダーメイド」のセルフケアをお伝えします
来院時のお身体の状態をわかりやすく説明し、変化の過程をお伝えします。
 
「なかなかよくならない」理由のひとつに、ご自身で身体への負担を増やしている身体の使い方をしている場合があります。
 
あなたの日常の様子や環境、お仕事の状態を細かく伺い
・どのようにしたらより お身体の負担が少なくなるか
・どのように日々ケアをしてあげると 回復力を高められるか
・あなたに必要な工夫の仕方 など
 
そのときそのときのお身体の状態に合わせてあなた専用の情報をお伝えします。
5. おひとりの為の時間や空間を大切にします

当院は、完全予約制です。
おひとりおひとりを対応する為の体制を整えております。

また、アロマの香りや心地良い音楽の中でリラックスして施術を受けていただける空間を大切にしています。

 追伸

ランナー膝の痛みで困っているあなたへ

膝が痛い状態で走りたいのに走れないのはとてもつらいですよね。
痛みは他の部分にも影響しますし精神的なストレスにもつながってしまいます。
その状態から早く改善してほしい!そう思って施術をしています。

ランナー膝は長く苦しむ場合があります。
良くなったと思って走ったら痛みが出たり、そのような状態を繰り返して、出たい大会に出れなかったり悔しい思いや悲しい思いをする方も多いです。

私も昔膝を痛めたことがありますが、私はあなたに好きなことやしたいことを思い切り楽しんでほしいです。

他のところへ行っても中々よくならなかったり、根本から良くしたいと思っている方は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

一緒に早く良くなる解決策や工夫を探していきましょう。

ラベンダー整骨院では、何度もマッサージでほぐさなくても筋肉を緩めることが可能な気功法の施術に加えて、あなたの環境・状況も含めてお話を聞きながら姿勢や身体に負担の少ない動き方などもお伝えしています。

右肩上がりで早く良くなっていただくために、状態をみながら一緒に解決していきます。

あなたがランナー膝のつらさから解放されて、笑顔で元気に走れるようにお手伝いさせていただきます。



※完全予約制
※交通事故、労災対応

※当院は整骨院ですが、健康保険の取り扱いはおこなっていません。
予めご了承ください。

保険診療は局所に対する施術が基本であり、できることに限りがあり、おひとりおひとりに十分な施術を提供できないためです。
お身体全体をみながら、おひとりおひとりじっくり対応させていただきます。
再び同じ痛みや不快な症状に苦しまず、元気に過ごしていけることを目指します。

**********

<アクセス>

住所:久喜市吉羽2-15-44

(拡大図)
最寄駅:久喜駅(JR/東武線)東口から  徒歩15~20分

バス:
青葉団地東経由 朝日バス車庫行
青毛先回り・青葉団地東先回り 青葉団地循環
朝日バス車庫・弁天橋循環

「野久喜」で降ります(駅から5~10分程)
野久喜から徒歩2~3分

TEL 0480-21-7108 10:00 - 19:00(最終受付19時)

PAGETOP
Copyright © ラベンダー整骨院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.